起業経験者100名のヒアリング調査「起業失敗体験談」「起業前にしておけば良かったこと」

実際に起業を経験した経営者に

  • 「起業失敗談」
  • 「起業時の会社の状況」
  • 「起業時の資金調達方法」
  • 「起業前にしておければ良かったこと」
  • 「起業を検討している方へのアドバイス」

をヒアリング調査しました。起業を検討している方の参考データとしてご活用ください。

起業経験者100名のヒアリング調査

  • ご協力いただいた起業経験者:40名
  • リサーチ期間:2017年7月1日~2017年7月8日

※一度で集めたものではなく、ご協力いただける方が見つかった場合にいくつかの項目で質問をさせていただいております。
※常に情報は追加・更新しています。

リサーチに回答いただいた起業経験者の属性データ

性別

性別 回答数 割合
男性 22人 55.0%
女性 18人 45.0%

業種

業種 回答数 割合
農林水産・鉱業 0人 0.0%
建設業 0人 0.0%
製造業(食料品) 0人 0.0%
製造業(飲料) 0人 0.0%
製造業(衣服、繊維工業) 0人 0.0%
製造業(木材・木製品・家具、紙・パルプ) 0人 0.0%
製造業(印刷・同関連業) 0人 0.0%
製造業(化学工業、化粧品、医薬品) 0人 0.0%
製造業(鉄鋼業・非鉄金属・金属製品) 0人 0.0%
製造業(一般機械器具) 0人 0.0%
製造業(電気機器、家電・AVなど情報通信機器) 0人 0.0%
製造業(自動車) 0人 0.0%
製造業(その他) 1人 2.5%
電気・ガス・熱供給・水道業 0人 0.0%
通信業 1人 2.5%
市場調査 0人 0.0%
その他情報サービス業 3人 7.5%
放送業、新聞・出版業、映像・音声制作業 1人 2.5%
広告業・広告制作業 1人 2.5%
運輸業・郵便業 0人 0.0%
卸売・小売業(各種商品、百貨店・スーパー・コンビニ) 1人 2.5%
卸売・小売業(繊維・衣服・織物・身の回り品等) 1人 2.5%
卸売・小売業(飲食料品) 1人 2.5%
卸売・小売業(自動車) 0人 0.0%
卸売・小売業(電気機器、家電・AV機器等) 0人 0.0%
卸売・小売業(その他) 1人 2.5%
銀行業 0人 0.0%
保険業 0人 0.0%
その他金融業 0人 0.0%
不動産業 2人 5.0%
専門・技術サービス業、学術研究 4人 10.0%
飲食店、宿泊業 3人 7.5%
教育、学習支援業 4人 10.0%
医療業 0人 0.0%
福祉関連業(社会保険・社会福祉・介護) 1人 2.5%
その他サービス業 11人 27.5%
公務 0人 0.0%
その他(該当なし) 4人 10.0%

起業時データ

起業時年齢

起業時年齢 件数 割合
10代 1人 2.5%
20代 14人 35.0%
30代 20人 50.0%
40代 5人 12.5%
50代 0人 0.0%
60代 0人 0.0%
70代 0人 0.0%

起業時の社員数

起業時の社員数 件数 割合
1人 19人 47.5%
2人 11人 27.5%
3人 5人 12.5%
4人 3人 7.5%
5人~10人未満 2人 5.0%
10人~ 0人 0.0%

起業資金

起業資金 件数 割合
100万円未満 14人 35.0%
100万円~200万円未満 11人 27.5%
200万円~300万円未満 1人 2.5%
300万円~500万円未満 8人 20.0%
500万円~1000万円未満 3人 7.5%
1000万円~2000万円未満 3人 7.5%
2000万円~5000万円未満 0人 0.0%
5000万円~1億円未満 0人 0.0%
1億円~ 0人 0.0%

起業資金のうち自己資金

起業資金のうち自己資金 件数 割合
100万円未満 19人 47.5%
100万円~200万円未満 10人 25.0%
200万円~300万円未満 0人 0.0%
300万円~500万円未満 9人 22.5%
500万円~1000万円未満 1人 2.5%
1000万円~2000万円未満 1人 2.5%
2000万円~5000万円未満 0人 0.0%
5000万円~1億円未満 0人 0.0%
1億円~ 0人 0.0%

起業資金の調達方法

起業資金の調達方法 件数 割合
日本政策金融公庫 4人 10.0%
信用保証協会の制度融資 1人 2.5%
マル経融資 0人 0.0%
銀行からの融資 4人 10.0%
信用金庫からの融資 0人 0.0%
自己資金 15人 37.5%
個人での借入(消費者金融等) 1人 2.5%
親や兄弟、親戚からの借入 6人 15.0%
知人からの借入 7人 17.5%
親会社からの出資 1人 2.5%
他企業からの出資 0人 0.0%
ベンチャーキャピタルからの出資 0人 0.0%
補助金・助成金 1人 2.5%
ソーシャルレンディング 0人 0.0%
その他(該当なし) → 次の設問に答えてください。 0人 0.0%

起業後の経営データ

事業歴

事業歴 件数 割合
1年未満 1人 2.5%
1年~2年未満 8人 20.0%
2年~3年未満 6人 15.0%
3年~5年未満 11人 27.5%
5年~10年未満 7人 17.5%
10年~20年未満 6人 15.0%
20年~ 1人 2.5%

損益分岐までの期間

損益分岐までの期間 件数 割合
3か月未満 6人 15.0%
3ヶ月~6か月未満 8人 20.0%
6カ月~1年未満 4人 10.0%
1年~1年半未満 10人 25.0%
1年半~2年未満 6人 15.0%
2年~3年未満 4人 10.0%
3年~ 2人 5.0%

起業後の経常利益

起業後の経常利益 1期目 2期目 3期目
1億円~の黒字 0人 0人 1人
5000万円~1億円未満の黒字 0人 0人 1人
3000万円~5000万円未満の黒字 1人 1人 1人
1000万円~3000万円未満の黒字 1人 2人 0人
500万円~1000万円未満の黒字 2人 2人 2人
300万円~500万円未満の黒字 2人 1人 1人
200万円~300万円未満の黒字 1人 3人 4人
100万円~200万円未満の黒字 4人 4人 2人
50万円~100万円未満の黒字 3人 4人 5人
~50万円未満の黒字 6人 9人 13人
~50万円未満の赤字 9人 8人 4人
50万円~100万円未満の赤字 4人 3人 1人
100万円~200万円未満の赤字 3人 2人 0人
200万円~300万円未満の赤字 3人 0人 1人
300万円~500万円未満の赤字 0人 0人 0人
500万円~1000万円未満の赤字 0人 1人 0人
1000万円~3000万円未満の赤字 1人 0人 0人
3000万円~5000万円未満の赤字 0人 0人 0人
5000万円~1億円未満の赤字 0人 0人 0人
1億円~の赤字 0人 0人 0人
このときまでに解散している 0人 0人 4人

229 件のコメント

  •  

    起業経験者の属性データ

    職種:その他サービス業
    起業した会社の所在地:福島県

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:100万円
    起業時の資金のうち自己資金:100万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:16ヶ月
    事業歴:2年
    1期目の経常利益:50万円~100万円未満の赤字
    2期目の経常利益:50万円~100万円未満の赤字
    3期目の経常利益:このときまでに解散している

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    一番苦労したのは、資金力です。
    店舗を出すのに計画段階での経費よりはるかにお金がかかり、さらに維持費なども予定よりはるかに多くかかってしまいした。
    ただ、起業段階というか、店舗を作っている最中はテンションも高く少し高くてもいい物が欲しいという感じに陥り計画よりはるかに高い金額を使い、それが後の運営資金を減らしてしまう事になりました。
    どちらかというと、初期投資よりも維持費がかからないようにすれば良かったたと思います。
    維持費は毎月かかるので運営費を圧迫します。
    また、計画よりもお客さんの入り(収入)が少なく、計画どおりには進みませんでした。
    もう少し資本金、または運営費を余裕をもって計画しておけば良かったのかと思います。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    起業にあたり、しておけば良かった事は、私の場合サービス業なので集客(リサーチ)でした。
    借りた店舗での場所でどのくらい集客力があるのか、もっと前の段階でリサーチしておけば良かったです。
    また、集客に関して、OPEN3日前位からビラなどの告知はしましたが、もう少し早くかつ継続的にやるべきでした。
    ただ、最初は従業員も雇えず1人での起業でしたので、やることが満載でなかなかそこまで頭がまわりませんでした。
    近くのマンション、アパートなどにもポスティングなどをすれば良かったのかと思います。
    また、ホームページなども店舗OPEN後にUPしたので、事前に出来ていればよかったのかと思います。
    ビラにホームページアドレスを載せて配れば良かったです。
    色々と準備不足でした。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業は正直キツイです。
    ただ面白いです。サラリーマン時代は疲れたとか、会社や上司の愚痴ばかり言っていたと思います。
    起業してからは、毎日すべて自分の責任で自分が判断しなければなりません。
    また、私は1人での起業でしたので具合が悪くても休めませんし、仮に休んだら収入が少なくなります。
    全て生活に直結します。
    でも、サラリーマン時代より本当に充実していました。そしてどんなに疲れていても楽しく出来ました。
    私の場合失敗したので一瞬ですが、肩書が社長にもなりましたしね。
    人生は一度しかないので、後悔しなようにやはりチャレンジしてみるのがいいと思います。
    仮に失敗してもそれは糧になります。多額の負債を抱えたら自己破産なりすれば生きて行けます。
    1度しかない人生後悔しないようにやってみるのも手です。
    私もまたいつかチャレンジしようかと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です