起業経験者100名のヒアリング調査「起業失敗体験談」「起業前にしておけば良かったこと」

実際に起業を経験した経営者に

  • 「起業失敗談」
  • 「起業時の会社の状況」
  • 「起業時の資金調達方法」
  • 「起業前にしておければ良かったこと」
  • 「起業を検討している方へのアドバイス」

をヒアリング調査しました。起業を検討している方の参考データとしてご活用ください。

起業経験者100名のヒアリング調査

  • ご協力いただいた起業経験者:40名
  • リサーチ期間:2017年7月1日~2017年7月8日

※一度で集めたものではなく、ご協力いただける方が見つかった場合にいくつかの項目で質問をさせていただいております。
※常に情報は追加・更新しています。

リサーチに回答いただいた起業経験者の属性データ

性別

性別 回答数 割合
男性 22人 55.0%
女性 18人 45.0%

業種

業種 回答数 割合
農林水産・鉱業 0人 0.0%
建設業 0人 0.0%
製造業(食料品) 0人 0.0%
製造業(飲料) 0人 0.0%
製造業(衣服、繊維工業) 0人 0.0%
製造業(木材・木製品・家具、紙・パルプ) 0人 0.0%
製造業(印刷・同関連業) 0人 0.0%
製造業(化学工業、化粧品、医薬品) 0人 0.0%
製造業(鉄鋼業・非鉄金属・金属製品) 0人 0.0%
製造業(一般機械器具) 0人 0.0%
製造業(電気機器、家電・AVなど情報通信機器) 0人 0.0%
製造業(自動車) 0人 0.0%
製造業(その他) 1人 2.5%
電気・ガス・熱供給・水道業 0人 0.0%
通信業 1人 2.5%
市場調査 0人 0.0%
その他情報サービス業 3人 7.5%
放送業、新聞・出版業、映像・音声制作業 1人 2.5%
広告業・広告制作業 1人 2.5%
運輸業・郵便業 0人 0.0%
卸売・小売業(各種商品、百貨店・スーパー・コンビニ) 1人 2.5%
卸売・小売業(繊維・衣服・織物・身の回り品等) 1人 2.5%
卸売・小売業(飲食料品) 1人 2.5%
卸売・小売業(自動車) 0人 0.0%
卸売・小売業(電気機器、家電・AV機器等) 0人 0.0%
卸売・小売業(その他) 1人 2.5%
銀行業 0人 0.0%
保険業 0人 0.0%
その他金融業 0人 0.0%
不動産業 2人 5.0%
専門・技術サービス業、学術研究 4人 10.0%
飲食店、宿泊業 3人 7.5%
教育、学習支援業 4人 10.0%
医療業 0人 0.0%
福祉関連業(社会保険・社会福祉・介護) 1人 2.5%
その他サービス業 11人 27.5%
公務 0人 0.0%
その他(該当なし) 4人 10.0%

起業時データ

起業時年齢

起業時年齢 件数 割合
10代 1人 2.5%
20代 14人 35.0%
30代 20人 50.0%
40代 5人 12.5%
50代 0人 0.0%
60代 0人 0.0%
70代 0人 0.0%

起業時の社員数

起業時の社員数 件数 割合
1人 19人 47.5%
2人 11人 27.5%
3人 5人 12.5%
4人 3人 7.5%
5人~10人未満 2人 5.0%
10人~ 0人 0.0%

起業資金

起業資金 件数 割合
100万円未満 14人 35.0%
100万円~200万円未満 11人 27.5%
200万円~300万円未満 1人 2.5%
300万円~500万円未満 8人 20.0%
500万円~1000万円未満 3人 7.5%
1000万円~2000万円未満 3人 7.5%
2000万円~5000万円未満 0人 0.0%
5000万円~1億円未満 0人 0.0%
1億円~ 0人 0.0%

起業資金のうち自己資金

起業資金のうち自己資金 件数 割合
100万円未満 19人 47.5%
100万円~200万円未満 10人 25.0%
200万円~300万円未満 0人 0.0%
300万円~500万円未満 9人 22.5%
500万円~1000万円未満 1人 2.5%
1000万円~2000万円未満 1人 2.5%
2000万円~5000万円未満 0人 0.0%
5000万円~1億円未満 0人 0.0%
1億円~ 0人 0.0%

起業資金の調達方法

起業資金の調達方法 件数 割合
日本政策金融公庫 4人 10.0%
信用保証協会の制度融資 1人 2.5%
マル経融資 0人 0.0%
銀行からの融資 4人 10.0%
信用金庫からの融資 0人 0.0%
自己資金 15人 37.5%
個人での借入(消費者金融等) 1人 2.5%
親や兄弟、親戚からの借入 6人 15.0%
知人からの借入 7人 17.5%
親会社からの出資 1人 2.5%
他企業からの出資 0人 0.0%
ベンチャーキャピタルからの出資 0人 0.0%
補助金・助成金 1人 2.5%
ソーシャルレンディング 0人 0.0%
その他(該当なし) → 次の設問に答えてください。 0人 0.0%

起業後の経営データ

事業歴

事業歴 件数 割合
1年未満 1人 2.5%
1年~2年未満 8人 20.0%
2年~3年未満 6人 15.0%
3年~5年未満 11人 27.5%
5年~10年未満 7人 17.5%
10年~20年未満 6人 15.0%
20年~ 1人 2.5%

損益分岐までの期間

損益分岐までの期間 件数 割合
3か月未満 6人 15.0%
3ヶ月~6か月未満 8人 20.0%
6カ月~1年未満 4人 10.0%
1年~1年半未満 10人 25.0%
1年半~2年未満 6人 15.0%
2年~3年未満 4人 10.0%
3年~ 2人 5.0%

起業後の経常利益

起業後の経常利益 1期目 2期目 3期目
1億円~の黒字 0人 0人 1人
5000万円~1億円未満の黒字 0人 0人 1人
3000万円~5000万円未満の黒字 1人 1人 1人
1000万円~3000万円未満の黒字 1人 2人 0人
500万円~1000万円未満の黒字 2人 2人 2人
300万円~500万円未満の黒字 2人 1人 1人
200万円~300万円未満の黒字 1人 3人 4人
100万円~200万円未満の黒字 4人 4人 2人
50万円~100万円未満の黒字 3人 4人 5人
~50万円未満の黒字 6人 9人 13人
~50万円未満の赤字 9人 8人 4人
50万円~100万円未満の赤字 4人 3人 1人
100万円~200万円未満の赤字 3人 2人 0人
200万円~300万円未満の赤字 3人 0人 1人
300万円~500万円未満の赤字 0人 0人 0人
500万円~1000万円未満の赤字 0人 1人 0人
1000万円~3000万円未満の赤字 1人 0人 0人
3000万円~5000万円未満の赤字 0人 0人 0人
5000万円~1億円未満の赤字 0人 0人 0人
1億円~の赤字 0人 0人 0人
このときまでに解散している 0人 0人 4人

456 件のコメント

  • 起業経験者の属性データ

    職種:不動産業
    起業した会社の所在地:埼玉県

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:90万円
    起業時の資金のうち自己資金:90万円
    起業資金の資金調達方法:銀行からの融資

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:33ヶ月
    事業歴:3年
    1期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    2期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    3期目の経常利益:~50万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    起業前に最も苦労したことは融資付けです。不動産賃貸業を開始するにあたり、融資付けを行う事が第一条件となります。自分が企業にチャレンジしたタイミングは、金融機関がゼロ金利を導入し、その後、引き締めがかかるタイミングと重なりました。ゼロ金利導入後はジャブジャブと融資がおりている現実を目の当たりにしていましたが、自分が求めている物件が見つからないという状況が続きました。そうこうしているうちに金融引き締めの動きが強くなり、なかなか融資がおりないという現実に直面しました。最終的には気に入る商品が見つかり、銀行からも融資がおりましたが、その後はさらに融資が厳しくなっていると聞きます。融資を引くにはどうしたら良いかというテクニックも必要になるので、その点の調査も大事になります。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    起業前に事前調査をより多くしておけば良かったと思っています。事前調査では、地域性や駅性格性などから、どのエリアが好調なのかを把握することがとても大事な作業だったと思います。この作業がないと、突発的に出てくる物件に対して、瞬発力を持って判断をすることができません。事前に念入りに調査をしておくことで、気に入った物件が来たときに即座に対応することができます。また、金融機関との事前協議も大切だと思います。不動産の物件がすごいスピードで売れていく環境下においては、融資付けをする金融機関が即座に対応してくれることが物件購入への近道となります。物件をいかに購入できるかが不動産賃貸業で起業するうえでの肝となるので、迅速な対応ができる環境を作っておけば良かったと思います。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業を検討している方は、今の現状に満足できず、今すぐにでも新しい環境にチャレンジしたいという想いが強いかと思います。現実問題として多くの起業が3年以内に倒産し、10年間継続している企業はとても少ないという現実を考える必要があると思います。今やりたいことが本当にやりたいことなのか、ちゃんと採算がとれるのか、10年後も同じ熱量で業務ができるのか。たくさんのことを事前に考えておく必要があります。その場限りの想いでスタートしてしまい、その後の運営が厳しくなってから気付いたのでは遅いと考えられます。起業でスタートを切るのにもお金はかかりますが、廃業で店をたたむのにもたくさんのお金がかかります。夜逃げとかにならないよう、事前の勉強が一番大切だと思います。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他サービス業
    起業した会社の所在地:北海道

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:30万円
    起業時の資金のうち自己資金:30万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:10ヶ月
    事業歴:5年
    1期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字
    2期目の経
    常利益:
    200万円~300万円未満の黒字
    3期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    個人事業なので、口コミが重要で信頼ひてもらうのに時間がかかる。また一人で全てをやっているので、体力勝負というところもあり、風邪は絶対に引けない、寝る時間がない場合もある。一番の失敗は、大手のクライアントにいい話を流されて、請け負ってしまったこと。それまでにない金額や待遇の良さで、最初は相手方も物凄く申請によくしてくれたので、こちらとしても良いお客さんだなと思っていたのですが、付き合ううちに相手の内面が知れてしまう。 相手はただ自分を完全に利用したいだけだったみたいで、当初の一緒にこういう夢を達成しましょうという気配全くなし。幸いにも私は細々とながら仕事を色々と請け負っていましたので、数千万の利益を蹴って、その人とは決別しました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    もっと自己資金を貯めておけばよかったと思います。今ではある程度の貯蓄があり数年は仮に何かあっても食い凌げるだけの貯蓄はありますが、当初はアルバイトしながらの生活だったので、もっと計画的に資金を貯めていればよかったなと思いました。あとはもっと現地について調べて行けばよかったと思いました。私の事業は北海道の田舎でやっているものですが、やはり人間関係が狭く、何かあるとすぐに噂だってしまいます。都会の人間ならば周りは全く気にしませんが、田舎だとそうはいきません。 人のプライベートにずかずかと入り込んでくるので、そういう場所なんだなっていうのをもっと事前に現地調査をしておけばと今でも少し後悔しています。 

    起業を検討している方へのアドバイス

    1億だとかそんな大きな金額を背負ったり稼いだりする事業でもない限り、気楽に何とかなると思って起業を積極的に行った方が良いと思います。確かに大変な部分もありますが、雇われない生き方っていうはそれに見合うだけ物凄く魅力のある生き方なので、毎日が楽しいです。ただし、安定収入できる人は少ないと思うので、サラリーマン気分は完全に抜かなければなりません。来月や再来月のことなど分かりません。そういうメンタルの強さが必ず必要になってきますし、何が何でも一人でもやってやる!っていうくらい気兼ねの人が成功します。無理しすぎも良くないですが、サラリーマンみたいに甘い世界じゃないのも確か。でも人生で一度はぜひ起業してみて、好きなことを仕事にしてみてはどうでしょうか?とても楽しいですよ。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:飲食店、宿泊業
    起業した会社の所在地:北海道

    起業時データ

    起業時の社員数:2人
    起業時の資金:1000万円
    起業時の資金のうち自己資金:300万円
    起業資金の資金調達方法:親や兄弟、親戚からの借入

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:12ヶ月
    事業歴:1年
    1期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    2期目の経常利益:このときまでに解散している
    3期目の経常利益:このときまでに解散している

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    そのときにできる限りのことはできたと思うので大きな失敗は思い当たらないが、余裕があればやっておけば良かったと思う事をいくつか。1つは、あともう少しでも資金を調達して準備に使えば良かったと思う。事業を初めてからではなかなか身動きが取れず前に進めない。そして、事業を始めたことの広告宣伝を考えていなく、弱かった事を少し悔やむ。タイミングを逃すとやりにくいこともあり、起業と同時に少し思いきってやれば良かったとも思う。起業してから苦労するのは客層の管理。ターゲットやコンセプトは決まっていたものの、それに該当しない人が無理な要望を言われた際どのように対応するか考えが甘かった。大手に勤めていたときは、会社の方針などと断れたが、個人での場合経営者の匙加減なのでお客様も強引な場合もあり難しいのだと知った。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    「起業前にしておけば良かったと思う事」を参考に準備を進めたので、大きく失敗したと感じることはない。起業前でもできたであろう事はいくつかあったけれど、起業してみないとわからないことも沢山あるので前もってやっておけば良かったと後悔はしていない。例えば自宅の家計の管理を明確にしておくこと。保険など体制が変わることもあるので難しいが、起業すると会社と混同してしまったり支払いを忘れてしまったりしがちなので分かりやすく管理しやすくは前もってできたかもしれない。あとは同業者のクレーム対応の仕方などもう少し学んでおくと役に立ったかもしれないと思った。大きな店から個人店に変わるとトラブルの質も変わってくるので、その点の準備も役に立つと思った。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業の準備はいつまでたっても整わないと思った。状況や業種にもよるが自身の準備はそういう風だった。年齢や状況を考えてもそろそろタイムリミットと思った頃、親や回りの後押しがあり急に話が進んだ。前々からアピールしていて、こつこつと情報収集をしていた甲斐があったのだと思う。それでも準備万端と思えるような状態ではなかったが、それはどうにもならない事と、始めてみなくてはわからない事だった。後は思いきって始めてみると何とかなった。同じように起業した人の話を聞く機会が増えたが、起業と言っても色々な物があり、借金や店舗、社員を持ち大きな重荷を背負うものもあれば、一人でさらっと名前だけのような物もある。それらの起業が同じとは思えないが、勤めているのとは違い、全てにおいて責任と決定権があり、苦労と楽しみがあると思う。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:卸売・小売業(繊維・衣服・織物・身の回り品等)
    起業した会社の所在地:北海道

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:21万円
    起業時の資金のうち自己資金:21万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:0ヶ月
    事業歴:1年
    1期目の経常利益:~50万円未満の赤字
    2期目の経常利益:~50万円未満の赤字
    3期目の経常利益:~50万円未満の赤字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    大きな失敗は海外輸入です。子ども服や雑貨等の通信販売事業の中でイギリスの子ども服を仕入れておりました。まず英語を話すことができないという点で、卸業者とのやり取りがスムーズにいかず、時には騙されたり無視されてしまうこともたくさんありました。また商品リサーチがしっかり出来ていない中で焦って商品を仕入れるということもありました。やはり物販なのでしっかり市場のリサーチをするところ、とにかく行動することをモットーに取り組んでいた僕は半分リサーチ結果による商品、もう半分は自らのセンスで仕入れを行い、結果ほぼ売れ残ってしまいました。スモールビジネスとして50万ほど事業に使い、初めて赤字を出すといういわゆる”失敗”をしました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    昔から自分で独立して商売したいと思っており、とにかく行動をすることに焦点を当てて開業をしました。準備不足のまま開業届を出したので、しておけばよかったことはたくさんあります。まずは事業用の通帳を作成していなかったことです。帳簿についても初めのうちは自らが行う予定だったのですが、やはり個人のお金と混ざっていますと帳簿を付ける際にすごくわかりずらいです。次に海外輸入のネット販売事業を行ったのですが、商品のリサーチがしっかり出来ていなかったことが失敗の原因にもなりました。売れずらい商品を仕入れてしまうと赤字が増えるばかりです。また会社員や団体代表として働いていた傍らに開業したので、準備期間の時間の確保ができていませんでした。もっと開業前の準備期間をしっかり確保して、焦らず開業すればよかったと今思っています。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業して苦労したことや失敗もたくさんあります。自己資金で開業しましたが、お金はあっという間に無くなっていきました。起業はお金を失うリスクが高いということで避けられる方も多いでしょう。それでもやりたいビジネスがあって熱意があるのならば、考えすぎずに起業しちゃうのが良いと思います。僕はお金がかなり少ない中自己資金で起業しました。確かに失敗もしましたが、自分のやりたいことだからこそ嫌なことがあっても頑張ることができます。失敗してどうしようもなければ軌道修正すればいいのです。まずは挑戦してみないと失敗も成功もありません。とにかく思ったその時に行動しましょう。行動せずに過ぎてしまうと、チャンスや良いタイミングを逃してしまうことになります。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:専門・技術サービス業、学術研究
    起業した会社の所在地:大阪府

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:50万円
    起業時の資金のうち自己資金:50万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:6ヶ月
    事業歴:8年
    1期目の経常利益:50万円~100万円未満の黒字
    2期目の経常利益:100万円~200万円未満の黒字
    3期目の経常利益:100万円~200万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    定年退職後に技術系のコンサルタントを起業しました。最初は中々クライアントが確保できず、技術系の研修等の企画も色々と設定し、地元の中小・中堅企業にダイレクトメールを送付したりもしました。それも結局は参加者をほとんど確保できず、最初はダイレクトメール等の出費が嵩むだけで収入はほとんどないと言う状態でした。もともと、自分の大企業で得たスキルを中小・中堅企業の技術者に還元し、社会の役に立ちたいと言う想いで、軽費を除いて自分の収入として月10万円もあれば十分だと考えていましたが、ここまで仕事が確保できないとは創造していませんでした。個人ビジネスとして軽い気持ちで始めたのですが、最初から50万円の自己資金が尽きれば諦めると、歯止めも掛けて始めましたが、やはり甘くはなく毎月10万円程度の持ち出しとなり、50万円が尽きる6か月頃にようやくクライアントも確保でき、研修のビジネスからも収入が確保できる様になりました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    大手電機系の企業で技術や技術マネージャーとして定年まで勤め上げ、最初の1年はぶらぶらして、2年目に起業しようと思い立ちました。しかし、どんなにリスクの少ないコンサルタントビジネスでも、定年退職前にクライアント確保に向けた活動をしておけば良かったと思っています。中小企業が集う展示会や、取引先を通じて、定年退職後のクライアントや研修生確保に向けた人脈造りをしっかりと行って置くべきだったと反省しています。コンサルタント等の仕事は顧客が商品・サービスを確認する方法がなく、信用が大切な要素で、個人ビジネスではこれが決定的にない点も大きな課題でした。こうした課題をしっかりと起業前に考えて準備して置くべきだったと思っています。

    起業を検討している方へのアドバイス

    定年後起業で、社会貢献と少しの収入確保を目指す場合、失敗しても金銭的出費リスクのない仕事を選ぶべきで、コンサルタント業はそうした主旨に適った仕事と言えます。しかし、リスクは少なくても、収入確保できなければ、ビジネスの体を成しません。ノウハウを売る仕事とも言えるコンサルタントには、信用が極めて重要である点と、コンサルできる幅の拡大も必要です。技術系や営業系と対象職種を絞っても、その中で様々な内容のコンサルが出来る幅や、経営と結びつけたコンサルが必要です。こうした点に対して、しっかりと対策を講じていないと、クライアント確保はおぼつかなく、収入確保できないまま、傷が深くならない間に撤退と言う事になりかねません。私のケースでは、大学時代の同じ専攻で、仲の良かった関西在住の友人(勤めていた企業は異なり、仕事も技術系ですが多彩な経験を持っています)7人とネットワークを組む事で信用とコンサルの幅の確保の課題を解決しました。各々個人事業ですが、友人のネットワークを仮想企業と考え、情報の共有を図り、各メンバーに最適な仕事を紹介しあう事で、何とか当初の考え程度のビジネスとして軌道に乗せる事が出来ました。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他情報サービス業
    起業した会社の所在地:神奈川県

    起業時データ

    起業時の社員数:2人
    起業時の資金:100万円
    起業時の資金のうち自己資金:50万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:10ヶ月
    事業歴:3年
    1期目の経常利益:500万円~1000万円未満の黒字
    2期目の経常利益:1000万円~3000万円未満の黒字
    3期目の経常利益:1000万円~3000万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    起業してから最も苦労した点は資金繰りです。元々会社勤めでホームページ作成などを行なっていましたが会社の方針に納得できない点が多く独立することを決めました。当時の同僚が一名賛同してくれ2人で起業した状態です。元々数社のクライアントを持っていたこともあり売り上げなどは順調に伸びていきましたが、慣れない資金管理や全て何もかも自分たちで整えていかなければならない状況が本当に大変でした。いわゆる企業における経理、人事、総務の機能を持たなかったことでものすごく負担を感じました。結果的に会社はたたむことにしたのですが、一番の失敗は事務方を持たず独立した事でした。もう一名企業当初から経理ができるスタッフが居たら状況も随分と変わったかもしれないです。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    起業前にしておけばよかったこととしては、なるべく多くの自己資金を貯めておく事、信頼できる事務方スタッフを見つけてから独立する事です。事業が順調でも資金繰りは別です。黒字倒産している会社はたくさんあります。起業を決めるまで決めてからもなるべく多くの自己資金を確保できるようにしましょう。また、事務方スタッフ、特に経理スタッフを持つことは重要です。これは新規で採用することは避けたいです。お金を任せるのでできれば親族のような裏切られるリスクが低い方が理想的です。この点はずっと悩まされてきました。また、できればですが色々なことを相談できる経営者の方がいると随分楽になると思います。できれば規模感がそれ程差異のない経営者だと同じような悩みを持ちながら多くの苦労をされていると思いますので頼りになるはずです。

    起業を検討している方へのアドバイス

    上記で記載した内容と重複する部分もありますが、できるだけ多くの自己資金を貯めてから起業すること、最低でも500万は欲しいです。これが最も重要。お金の悩みは色々な面で摩擦を起こす要因になり、精神的にも荒んでしまうリスクがあります。事業が順調でも起業後しばらくはお金の悩みは尽きません。できるだけ多く自己資金を用意してからの独立を勧めます。もう一つは経理を任せることができる環境、スタッフを用意してから独立する事です。この点が私は弱く苦労しました。わからない事だらけであり、会社でいかに間接部門に助けられているのかを実感できます。小さな税理士事務所への相談でもいいですし、信頼できるスタッフ、若しくは、環境をある程度整えて独立に踏み切る事をお勧めします。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他情報サービス業
    起業した会社の所在地:神奈川県

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:30万円
    起業時の資金のうち自己資金:30万円
    起業資金の資金調達方法:その他(該当なし) → 次の設問に答えてください。

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:13ヶ月
    事業歴:3年
    1期目の経常利益:~50万円未満の赤字
    2期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    3期目の経常利益:~50万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    資金の調達に苦労しました。パソコンのみで企業し、経費などあまりかからないだろうと高を括っていたら意外とお金がかかり(主に交通費、備品など)、1年目から苦しい出発となりました。突発的に日本政策公庫等を頼り資金調達を図ったが準備が不十分、またそろえる資料な意外と膨大で、結局諦めることとなりました。担保などがあれば、スムーズにお金が借りられたの思うが、そういうものもなく断念することとなりました。ほしいパソコン周辺機器などもなかなかそろえることができずに、仕事を進めることとなったため、自分で自分の首を絞めるような感じになってしまいました。結果として企業1年目は赤字決算で(確定申告では1年目なので赤字申告はできない。)終わりました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    シンプルですが、サラリーマンの時にもっと堅実に貯金しておくべきでした。理由としては例えば日本政策金融公庫などに借金をお願いする場合でも、ある程度の貯金を調査されて、それに応じて融資の額なのが決定されるようです。その為自分の場合、お金を借りることができずにつらい門出となりました。「銀行は晴れの日は傘を貸すが、雨の日は貸さない。」という話があるが、まさに身をもって体験することができました。結局突発的に必要となる備品も揃えるのに苦労しました。時間的な意味でも物理的な意味でも、余裕を持って起用しないと、苦労が一気に押し寄せて精神的にも金銭的にもダメージが大きくなることは、ある程度予想できたことなのかなと思いました。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業するには、一歩前に進む勇気は必要ですが、あまり楽観的な考えは結局自分を苦しめることになり、大変です。幸いにも今は情報社会です。起業前にパソコンなどで起業関係の検索などして、事前リサーチを十分にすることは大切だと思います。もちろんネットからの情報では不確定なこともあります。よってその情報をもとに、脚を使っての裏付け調査が重要かと思います。たとえば、自治体や官公庁が行う企業のためのセミナー、相談会などに出向きアドバイスをいただいたりすると良いかなと自分は思います。調べると今の時代は地方単位でそういう催しが多いです。ある意味準備さえしっかり行えば、起業しやすい時代だと思います。一人で起業するにしても誰かを頼るのは大切だと思います。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:製造業(衣服、繊維工業)
    起業した会社の所在地:神奈川県

    起業時データ

    起業時の社員数:2人
    起業時の資金:150万円
    起業時の資金のうち自己資金:150万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:21ヶ月
    事業歴:6年
    1期目の経常利益:50万円~100万円未満の黒字
    2期目の経常利益:50万円~100万円未満の黒字
    3期目の経常利益:50万円~100万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    アパレルブランドを立ち上げ、洋服のデザインから製造、販売までを行なっています。自社でデザイン、企画、製造から販売まで行なっていますが、設立当初は、工場生産を行うため、デザイン以外は、全て別会社に委託をしていました。洋服を作るまでに、どのくらいの資金が必要か十分にリサーチしておらず、当初用意していた資金がわずか1ヶ月で底をついてしまいました。1番の失敗は知識不足でした。その結果、最初にデザインした洋服はサンプル段階までしか進めることができませんでした。パターンはパターン会社、縫製は縫製工場と、一工程毎に資金が発生し、洋服を生産して販売するまでには相当な資金が必要だとそこで学ぶことができました。自分自身の描くアパレルブランドの在り方を考えた時、一から構想を練り直す必要があることに気づかされました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    起業前に、アパレルブランドとして活動していくために、何が必要でどう進めていくべきかを、しっかりとリサーチし、計画を立てることが最も大事だと今は思います。リサーチ不足にて失敗したことで、別会社に委託をせずに、自らで制作、縫製までを行うようになり、最初に支払った莫大な資金を持たずとも、洋服の製造を行えるようになりました。工事で量産してしまえば、大量な在庫を抱えてしまいますが、今では受注生産のスタイルにて販売しているため、極力無駄な在庫や費用を抱えずに、着々と利益を上げて行くことができました。起業前に、しっかりビジョンを掲げ、利益を出すために必要な手順を思い描くことが出来ていれば、違ったスタートが出来たと感じました。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業を現在検討している方へのアドバイスとして、明確な計画を立て、シュミレーションを重ねていくことが重要だと思います。まず、はっきりとした明確な目標を立て、そのために何が必要で、具体的な必要資金はいくら必要か、また利益を上げていくために、必要な流れを把握していくことが重要です。商品の販売を行うには、広告をどのように行うかも重要になります。ありとあらゆる状況を想像し、綿密なシュミレーションを重ね、最も適した選択肢を選択できることが出来ればやはり起業には強い利点だと思います。誰も通ったことのない新しいやり方を見出すことも、起業には大事なことだと思います。一歩踏み出す勇気、壁にぶつかった時に突破口となるアイデア、決して諦めない情熱を持って起業して欲しいと願います。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他サービス業
    起業した会社の所在地:大阪府

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:50万円
    起業時の資金のうち自己資金:50万円
    起業資金の資金調達方法:親や兄弟、親戚からの借入

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:1ヶ月
    事業歴:1年
    1期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字
    2期目の経常利益:500万円~1000万円未満の黒字
    3期目の経常利益:1000万円~3000万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    起業してから最も苦労した点は資金繰りです。仕事を完了しても法人相手だと支払いは翌々月等になるので、それまでは自己資金でしのがねばなりません。従業員を雇っている場合人件費も発生します。さらに建て替え費用等も発生するので、支払等には本当に苦労しました。固定で必要な費用も出てくるので、自分が想定していた開業費用の2倍ほどの金額がかかったと記憶しています。起業してからの一番大きな失敗は、過労で入院してしまったことです。雇われの間も一緒ですが、独立して一人になると誰も変わってくれません。その際に付き合いの浅い企業さん等はほかの業者に乗り換えてしまいました。少ない金額ではなかったので会社にとっては大きなダメージでした。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    起業前にしておけばよかった点は、なによりも資金の準備です。自分が必要と思う金額の3倍は用意しておけばよかったと思っています。さらに、適切な融資も早い段階で受けていればいいなと思いました。後は綿密な事業計画書の作成です。計画は崩れるものですが、最初にしっかりしたものを作成していれば、経営や事業の進路に迷った際に大きな助けとなります。次は、家ではない作業スペースの準備です。起業前に作業スペースを準備しておくのは重要だと思います。家と仕事場が一緒になってしまうと、なかなか仕事に熱が入りません。最初に費用は掛かりますが、起業前に準備し、しっかりと自分のペースで仕事に専念できるスペースを用意しておくべきだったと感じています。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業は勢いだというのをたまに聞きますが、それは間違いだと私は感じています。確かに前に進んでいく勢いは大事ですが、それだけでは失敗を免れないでしょう。大切なのは準備です。繰り返しになりますが、資金は潤沢に準備しておくべきです。もし足らないようであれば、親族からの借り入れを検討すべきでしょう。そのような方がそばにいない場合、日本政策金融公庫に融資を申し込むのも一つかもしれません。さらに、事業計画は綿密に立てましょう。「ざっくりした計算でいいや」は後々ボディーブローのように経営に響きます。しっかりした計画書を作れない人が、経営をしていくというのはどう考えてもおかしいですからね。やりたいことが決まれば先ずは綿密な計画、さらに資金の準備が起業の第一歩です。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:卸売・小売業(繊維・衣服・織物・身の回り品等)
    起業した会社の所在地:福岡県

    起業時データ

    起業時の社員数:2人
    起業時の資金:800万円
    起業時の資金のうち自己資金:300万円
    起業資金の資金調達方法:銀行からの融資

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:14ヶ月
    事業歴:4年
    1期目の経常利益:50万円~100万円未満の赤字
    2期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    3期目の経常利益:50万円~100万円未満の赤字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    サラリーマンを退職し、起業して婦人服のお店を始めました。ターゲットとする客層や取り扱う商品の種類などのコンセプトはしっかりと持っていましたが、一般のお客様に向けた販売店で、しかもあえて隠れ家っぽいオフィスビルの地下一階という立地を選んだにもかかわらず、ほとんど誰にも伝えずにオープンしたので、お客様に知ってもらうのにものすごく時間がかかりました。あわててチラシのポスティングや看板製作、ブログでの紹介をおこなったのですが、最初の3ヶ月くらいは本当に鳴かず飛ばずの状態でした。あせって地元の放送局や新聞社に「こんなお店がオープンしました。取材に来て下さい。」などとメールを送ったりもしたのですが、全く相手にされず、今思い出すととても恥ずかしくなってしまいます。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    私の場合見切り発車でほとんどが後手後手に回ってしまいました。チラシや看板の準備だけでなく、近隣の店舗やオフィスへの挨拶なども全てオープン後におこなったため、周知してもらうのが遅くなってしまいました。また、クレジットカード用の端末の設置も申請してから日にちがかかってしまい、オープンに間に合わず、せっかく来てくれたお客様にご迷惑をかけてしまいました。さらにこれはオープンしてから気づいたことなのですが、オフィスビルにあるということで男性のお客様が意外と多く、奥様や彼女にちょっとしたプレゼントをということで覗いてくれた方が結構いらっしゃいました。ただそういったお客様に、手に取ってもらえるようなアイテムが当初は少なく、がっがりさせてしまいました。そういった店舗周りのリサーチも含めて、もっと徹底した準備が必要だったと感じました。

    起業を検討している方へのアドバイス

    当たり前ですが、とにかく起業前に徹底した下調べが大事だと思います。ネットビジネスならライバルと想定する会社のWEBサイトを確認したり、実店舗なら近隣の競合店があれば実際に行って、商品を買ったりサービスを利用すること。これをすることによって、ライバルの強みやどういった客層をターゲットとしているのかがわかり、自分が始めようとしているビジネスがそのまま推し進めて行けるか、あるいは修正を加えた方がいいのかなどの判断材料になります。また、「創業セミナー」に参加したほうがいいという声がネット等で紹介されていますが、市や商工会議所などにある創業のための相談窓口を利用するほうがいいと思います。私自身、何度も同じ相談員を訪ねて行って、事業計画書の書き方を教わったり悩みを聞いてもらったりしましたし、何より自分のビジネスのコンセプトをしっかりと固めることができました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です