【海外起業アイデア】果物農家の廃棄物から化粧品「FRUU」

海外の起業アイデアを紹介します。海外の起業アイデアは日本に持ち込んでも成功する可能性が高いので「これから起業を検討したいと考えている方」「起業したいけど有望なビジネスプランが見つからない方」は要チェックです。筆者が独断と偏見で「日本に持ち込んでも成功する可能性が高いだろう。かつ、それほど大きな投資は必要ない」と感じるビジネスアイデアを中心に紹介しています。ビジネス英語力が乏しいので不正確な情報があるかもしれませんがご了承ください。

起業アイデアの概要

「FRUU」は英国の会社です。

「FRUU」は

果物農家が本来廃棄する果物廃棄物の副生成物から、リップクリームなどの化粧品を生産する技術を持った企業です。

アボカド、ザクロ、ライムなど、15種類以上の有機果実に由来する成分で作られたリップクリーム

しかも、70%以上のフルーツベースの成分を取り入れているため、香りなども、フルーツのままであり、十分に商品としての魅力もあるのです。

販売価格 2.99ユーロ

ワンコインで買えるぐらいです。

生産は手作業、配達までは1週間となっています。「新鮮な果物で作るリップクリーム」というのが売りの用です。

concierge

農家にとっては、そもそも廃棄する予定の果物廃棄物がお金に変わるメリットがります。

「FRUU」にとっても、元々廃棄するものですから、安く仕入れることができるのです。

このビジネスモデルは、The Formations Company Entrepreneur Award 2017で1位を受賞しています。

FRUUは自然保護のためWWF(World Wide Fund for Nature)に利益の一部を寄付しています。

環境面でも、ビジネス面でも、優秀なビジネスモデルとして評価されているのです。

起業アイデアを日本に持ち込んで成功する可能性

技術力があれば、可能だと考えます。

鉄腕ダッシュでトキオがやっている「0円食堂」のように

  • 廃棄されるものの有効活用

というキーワードで商品を製造する技術があれば、それだけで有効なビジネスモデルとなるのです。

  • 農家などの生産者にとっては、捨てるものが利益になります。
  • 仕入れる側にとっては、ただ同然で原材料の調達ができます。

明確な「win-win」になるのです。

今回は

  • 果物 → リップクリーム

という再生ですが

それ以外のアイディアがある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、このFRUUの商品は

  • 動物テストは行われていない

という問題点もあります。

concierge
日本で化粧品と販売するのであれば、ある程度の法律上の成約が出てくるので、これを回避する上でも、確かな技術力が必要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です