起業経験者100名のヒアリング調査「起業失敗体験談」「起業前にしておけば良かったこと」

実際に起業を経験した経営者に

  • 「起業失敗談」
  • 「起業時の会社の状況」
  • 「起業時の資金調達方法」
  • 「起業前にしておければ良かったこと」
  • 「起業を検討している方へのアドバイス」

をヒアリング調査しました。起業を検討している方の参考データとしてご活用ください。

起業経験者100名のヒアリング調査

  • ご協力いただいた起業経験者:40名
  • リサーチ期間:2017年7月1日~2017年7月8日

※一度で集めたものではなく、ご協力いただける方が見つかった場合にいくつかの項目で質問をさせていただいております。
※常に情報は追加・更新しています。

リサーチに回答いただいた起業経験者の属性データ

性別

性別 回答数 割合
男性 22人 55.0%
女性 18人 45.0%

業種

業種 回答数 割合
農林水産・鉱業 0人 0.0%
建設業 0人 0.0%
製造業(食料品) 0人 0.0%
製造業(飲料) 0人 0.0%
製造業(衣服、繊維工業) 0人 0.0%
製造業(木材・木製品・家具、紙・パルプ) 0人 0.0%
製造業(印刷・同関連業) 0人 0.0%
製造業(化学工業、化粧品、医薬品) 0人 0.0%
製造業(鉄鋼業・非鉄金属・金属製品) 0人 0.0%
製造業(一般機械器具) 0人 0.0%
製造業(電気機器、家電・AVなど情報通信機器) 0人 0.0%
製造業(自動車) 0人 0.0%
製造業(その他) 1人 2.5%
電気・ガス・熱供給・水道業 0人 0.0%
通信業 1人 2.5%
市場調査 0人 0.0%
その他情報サービス業 3人 7.5%
放送業、新聞・出版業、映像・音声制作業 1人 2.5%
広告業・広告制作業 1人 2.5%
運輸業・郵便業 0人 0.0%
卸売・小売業(各種商品、百貨店・スーパー・コンビニ) 1人 2.5%
卸売・小売業(繊維・衣服・織物・身の回り品等) 1人 2.5%
卸売・小売業(飲食料品) 1人 2.5%
卸売・小売業(自動車) 0人 0.0%
卸売・小売業(電気機器、家電・AV機器等) 0人 0.0%
卸売・小売業(その他) 1人 2.5%
銀行業 0人 0.0%
保険業 0人 0.0%
その他金融業 0人 0.0%
不動産業 2人 5.0%
専門・技術サービス業、学術研究 4人 10.0%
飲食店、宿泊業 3人 7.5%
教育、学習支援業 4人 10.0%
医療業 0人 0.0%
福祉関連業(社会保険・社会福祉・介護) 1人 2.5%
その他サービス業 11人 27.5%
公務 0人 0.0%
その他(該当なし) 4人 10.0%

起業時データ

起業時年齢

起業時年齢 件数 割合
10代 1人 2.5%
20代 14人 35.0%
30代 20人 50.0%
40代 5人 12.5%
50代 0人 0.0%
60代 0人 0.0%
70代 0人 0.0%

起業時の社員数

起業時の社員数 件数 割合
1人 19人 47.5%
2人 11人 27.5%
3人 5人 12.5%
4人 3人 7.5%
5人~10人未満 2人 5.0%
10人~ 0人 0.0%

起業資金

起業資金 件数 割合
100万円未満 14人 35.0%
100万円~200万円未満 11人 27.5%
200万円~300万円未満 1人 2.5%
300万円~500万円未満 8人 20.0%
500万円~1000万円未満 3人 7.5%
1000万円~2000万円未満 3人 7.5%
2000万円~5000万円未満 0人 0.0%
5000万円~1億円未満 0人 0.0%
1億円~ 0人 0.0%

起業資金のうち自己資金

起業資金のうち自己資金 件数 割合
100万円未満 19人 47.5%
100万円~200万円未満 10人 25.0%
200万円~300万円未満 0人 0.0%
300万円~500万円未満 9人 22.5%
500万円~1000万円未満 1人 2.5%
1000万円~2000万円未満 1人 2.5%
2000万円~5000万円未満 0人 0.0%
5000万円~1億円未満 0人 0.0%
1億円~ 0人 0.0%

起業資金の調達方法

起業資金の調達方法 件数 割合
日本政策金融公庫 4人 10.0%
信用保証協会の制度融資 1人 2.5%
マル経融資 0人 0.0%
銀行からの融資 4人 10.0%
信用金庫からの融資 0人 0.0%
自己資金 15人 37.5%
個人での借入(消費者金融等) 1人 2.5%
親や兄弟、親戚からの借入 6人 15.0%
知人からの借入 7人 17.5%
親会社からの出資 1人 2.5%
他企業からの出資 0人 0.0%
ベンチャーキャピタルからの出資 0人 0.0%
補助金・助成金 1人 2.5%
ソーシャルレンディング 0人 0.0%
その他(該当なし) → 次の設問に答えてください。 0人 0.0%

起業後の経営データ

事業歴

事業歴 件数 割合
1年未満 1人 2.5%
1年~2年未満 8人 20.0%
2年~3年未満 6人 15.0%
3年~5年未満 11人 27.5%
5年~10年未満 7人 17.5%
10年~20年未満 6人 15.0%
20年~ 1人 2.5%

損益分岐までの期間

損益分岐までの期間 件数 割合
3か月未満 6人 15.0%
3ヶ月~6か月未満 8人 20.0%
6カ月~1年未満 4人 10.0%
1年~1年半未満 10人 25.0%
1年半~2年未満 6人 15.0%
2年~3年未満 4人 10.0%
3年~ 2人 5.0%

起業後の経常利益

起業後の経常利益 1期目 2期目 3期目
1億円~の黒字 0人 0人 1人
5000万円~1億円未満の黒字 0人 0人 1人
3000万円~5000万円未満の黒字 1人 1人 1人
1000万円~3000万円未満の黒字 1人 2人 0人
500万円~1000万円未満の黒字 2人 2人 2人
300万円~500万円未満の黒字 2人 1人 1人
200万円~300万円未満の黒字 1人 3人 4人
100万円~200万円未満の黒字 4人 4人 2人
50万円~100万円未満の黒字 3人 4人 5人
~50万円未満の黒字 6人 9人 13人
~50万円未満の赤字 9人 8人 4人
50万円~100万円未満の赤字 4人 3人 1人
100万円~200万円未満の赤字 3人 2人 0人
200万円~300万円未満の赤字 3人 0人 1人
300万円~500万円未満の赤字 0人 0人 0人
500万円~1000万円未満の赤字 0人 1人 0人
1000万円~3000万円未満の赤字 1人 0人 0人
3000万円~5000万円未満の赤字 0人 0人 0人
5000万円~1億円未満の赤字 0人 0人 0人
1億円~の赤字 0人 0人 0人
このときまでに解散している 0人 0人 4人

548 件の口コミ

  • 起業経験者の属性データ

    職種:飲食店、宿泊業
    起業した会社の所在地:京都府

    起業時データ

    起業時の社員数:3人
    起業時の資金:500万円
    起業時の資金のうち自己資金:500万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:1ヶ月
    事業歴:2年
    1期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字
    2期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字
    3期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    起業して最も苦労したことは人材の確保です。私は飲食店を経営しているのですが、店長を見つけるのに一番苦労しました。起業時に雇った店長が1年でやめることになったので、新たな店長を見つけるまでは私自身が店内で働いたりもしました。新たな店舗を出して事業を大きくしようと考えた際も、一番苦労したのは店長やバイトの募集です。多くの業界で人材不足が嘆かれていますが、飲食業界は中でも人材不足を抱えていると思います。アルバイトの募集広告を出すのは費用対効果が低いので、アルバイトの友達紹介制度を設けたりしました。人材確保のために飲食業界で働いている人とのパイプを作り、人材の紹介をしてもらええるように動いたりもしました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    本をたくさん読んでおけば良かったです。起業してから本を読むことが増えましたが、たくさん時間を取ることは難しいです。起業する前なら時間がたくさんあったので、そのときにしっかり本を読んでおくべきだったと思います。起業して思うのは、自分の感覚で判断するのは難しいということです。たくさん本を読んで勉強していれば、何か決める際に助けになっていたと思います。私の場合、読む本は自己啓発や経営に関する本が多いですが、小説でもいいと思います。自分の知識を増やすことは大切です。また何度も繰り返し読むことででその本に書かれていることを感覚レベルで理解できるのだと思います。そうすることで、経営において最も大切な瞬時の判断能力というのを養うことができると感じています。

    起業を検討している方へのアドバイス

    本気で起業を考えているなら焦る必要はないと思います。私自身起業しようと考えてから、実際に起業するまで5年以上かかりました。それでも本気で起業したいと思っていたからこそ、途中で諦めることはありませんでした。起業するには準備とタイミングが大事だと思います。起業をする前にしっかりとその業界について知ることや、起業した後に少しでも経営が楽になるような条件を待つことは決して時間の無駄ではありません。よく、起業は勢いでするものだと言いますが、私はそうは思いません。焦らずに好機を見計らうことお勧めします。もちろん実際にやってみなければ始まらないので途中で諦めてはいけません。好機が訪れたと思ったなら思い切って行動してください!

  • 起業経験者の属性データ

    職種:飲食店、宿泊業
    起業した会社の所在地:大阪府

    起業時データ

    起業時の社員数:8人
    起業時の資金:100万円
    起業時の資金のうち自己資金:100万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:5ヶ月
    事業歴:5年
    1期目の経常利益:~50万円未満の赤字
    2期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    3期目の経常利益:~50万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    修行期間も短いまま初企業だったため、ほぼ木経験な事の連続でした。店舗選びから業者探し、スタッフの教育、開店準備、全てが手探りで苦労の連続でした。当時は全てが苦労だと思っていましたが、後から冷静に考えると、人心掌握が一番大変でした。未だに苦労です。良いスタッフを選び、育てる事、日々の仕事の中でいかに効率よく仲良く出来るかは、一番大変な事と言えるでしょう。一番大きな失敗といえば、場所選びだったと確信しています。一度選んだ場所はたやすく移動出来ません。平たく言えば、店のコンセプトに合った客層が近くに居なかったという事です。ご近所さんが来店しない、遠くの人が車でわざわざいらっしゃる。非効率的なお店になってしまいました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    企業前にもっとじっくり考えるべきだった事は、場所のリサーチです。場所のリサーチは闇雲にするのではなく、まず店のコンセプトを決める事。そのコンセプトが場所に合っているかどうか。ものすごく大事だと痛感しました。駅近かどうか?賑やかかどうか?だけではなく、どういった層の住人が近隣で生活されているか。その層と自分の店のコンセプトが合っているかどうか?これがリサーチの一番重要なポイントだと思っています。私の場合、選んだ場所は家族連れの客層が多い地域でした。しかし厨房は皆に好かれる料理を提供出来るのかと言えば違っていました。辛いものは辛く、本格的にこだわって作っていた為万人ウケというよりツウ好みの味だったのです。飲食店はまず第一に料理です。その料理が誰に好かれる料理を提供しているのか?ここから考えなければいけなかったのです。

    起業を検討している方へのアドバイス

    どんな業種でも言える事だと思っていますが、企業にはリサーチが最も重要です。リサーチするには自分のスタイルを確定しましょう。「◯◯になりたい」と漠然とした夢を持つのではなく、「どんな◯◯になりたい」という目標をまず掲げましょう。それをブレてはいけません。簡単なように思えますが、意外と難しい事です。そのスタイルに合った場所やプレゼン方法を見つけ、じっくりと構えましょう。類は友を呼ぶ。不思議な事にあなたのコンセプトに合った人達が集まるのです。私は恥ずかしながら経験が浅いまま起業したため、企業後にコンセプトが出来上がりました。そしてその場所とコンセプトは合っていない事に気が付いたのです。これから起業する方は是非、しっかりとしたコンセプトを掲げてから起業して下さい。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他サービス業
    起業した会社の所在地:茨城県

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:0万円
    起業時の資金のうち自己資金:0万円
    起業資金の資金調達方法:その他(該当なし) → 次の設問に答えてください。

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:0ヶ月
    事業歴:1年
    1期目の経常利益:このときまでに解散している
    2期目の経常利益:このときまでに解散している
    3期目の経常利益:このときまでに解散している

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    ウェブサイトでのショップを立ち上げました。企業名のネーミングを考えること以上に、やはり一番苦労したのは集客でした。色々な無料レンタルウェブショップを吟味していたのですが、魅力的に思えたところでも、自分の力で発信していくことが大きな課題となりました。私の場合は、簡単な学習用の自作テキストと文具を販売していました。ウェブショップと関連付けて運営していたブログでは、そこそこ見てくださっていた方もいらっしゃったようで、応援してくださっていたようなので嬉しかったのですが、購入に至らなかった点を考えると「商品としてのインパクトに欠けていた」「独自性が強かったのか、あまりなじみのない商品になってしまい、伝える側も相当の工夫を求められた」ということが原因で失敗したのかと思われます。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    もう少し多方面からの販売ルートを模索してみても良かったのではないかと思います。たとえば、いきなり個人のウェブショップを立ち上げるのではなく、自作のものを登録販売できるサイトを探してみるという方法も、今から考えれば可能でした。また、自作の商品の魅力をいかにしてアピールしてゆくか、もう少し工夫と改善の余地はあったかと思われます。「作っていきなり販売と宣伝」ではなく、「いかにして商品をアピールするか」ということへの丁寧な戦略を立てることに対して、もう少し時間が必要であったかと思われます。下地作りに力を入れながら、同時にウェブショップを運営する方法など、今から思えば色々とできたことはあったかもしれません。

    起業を検討している方へのアドバイス

    特に私のようなウェブショップはそうなのですが、よくある「作った瞬間から収益が入る」という夢のようなあおり文句のようになることは、いきなりは難しいものです。やはり、「自分が何を推していきたいのか」、「どのように商品をアピールしてゆけるか」に対する検討にかける時間は必要です。また、販売する商品と、販売するウェブショップの相性もあります。一つのウェブショップに固執することなく、多方面からの可能性を同時に模索してみるとよいです。やってみなければわからないことは、たくさんありますので、一度の失敗でもあきらめることなく、何度でも角度を変えてアプローチしてみることが大切です。今回の起業の失敗は、たくさんの気づきを与えてくれた財産になりました。みなさんも、どうぞ失敗を恐れずにチャレンジしてみてください。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:専門・技術サービス業、学術研究
    起業した会社の所在地:京都府

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:300万円
    起業時の資金のうち自己資金:300万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:20ヶ月
    事業歴:3年
    1期目の経常利益:100万円~200万円未満の赤字
    2期目の経常利益:~50万円未満の黒字
    3期目の経常利益:100万円~200万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    法律関係の資格で独立開業しました。コネも経験も何もないところからのスタートだったので、仕事を安定して受けることができるまで、かなりの期間を要しました。ホームページ作成など広告費にもかなり費用を使いましたが、なかなか集客できず生活費も底をつきかけて本当に追い込まれていました。本当は、独立した資格一本でやっていきたかったのですが、日々の暮らしにも困るようになったため、アルバイトをして生活費の足しにしていました。資格を取得するために仕事よりも勉強を優先してきたため、30歳過ぎて大学生でもできるアルバイトしか働き口がなかったのは精神的にもかなりしんどかったです。このまま、開業した事務所が軌道にならなかったらどうしようと毎日考えていました。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    小さくてもいいので継続的に仕事をくれる顧客を作っておけばよかったです。もっと、勉強会や研修課に積極的に参加して、同業者同士の横のつながりを作っておくべきでした。独立開業後の研修で、ほとんどの人がある程度のコネを作ってから開業しているときいて、何のコネもないまま開業してしまったことをかなり後悔しました。また、事務所の広告の方法をもっと考えておけばよかったと思います。ホームページくらい自分で作れるだろうと高をくくっていたのですが、実際には上位検索されるようなホームページ作りにはかなりの労力が必要だということがわかり、焦りました。最終的には、自分では無理だと諦めて外注にしたので、時間も無駄にしてしまいました。

    起業を検討している方へのアドバイス

    私は、資格さえ取得して開業してしまえば、簡単に仕事が舞い込んでくると勘違いしていました。実際には、何のコネも実績もない人のところに依頼する人などゼロに等しいです。開業前に大体のお客さんの見込みをつけておくと安心して起業できるでしょう。また、初めはどんな小さな依頼でも時間をかけて誠実にこなすことが大切です。私も初めは時給換算すると200円くらいの仕事ばかりを何時間もかけてやっていました。ですが、小さな仕事でも繰り返すことで実績になりますし、信用もついてくるようになります。一度信頼関係が結べたお客さんとは何回も取引ができますし、そこから新たなお客さんの紹介もあります。また、多くの人に自分の事務所なり店なりを知ってもらうための広告は欠かせないと思います。インターネットを利用した集客は一度効果が出ると、大きくお客さんを獲得するチャンスなので、ぜひ活用してほしいと思います。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:広告業・広告制作業
    起業した会社の所在地:東京都

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:300000万円
    起業時の資金のうち自己資金:300000万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:1ヶ月
    事業歴:10年
    1期目の経常利益:500万円~1000万円未満の黒字
    2期目の経常利益:500万円~1000万円未満の黒字
    3期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    1人なので、自分が病気になると全てが困ります。体調管理は気を付けていても、風邪を引いたり付き合いで遅くまで飲みに行って体調が悪くなることもあるので、体調管理は大切でした。起業後に結婚、出産、育児を経験しましたが、出産までは会社に属している方が、利点が多いと痛感しました。起業してしまうと、お金の面でも仕事の面でも、出産・育児は不利になります。年金になるので国からの援助金のみでした。産休はクライアントに仕事を受けないように連絡するだけなので、産休明けにクライアントの会社が倒産していたり、良い関係の方々の部署が異動になって、新しく信頼関係を築くのが一番大変ですし、それは今でも大変で、その苦労はずっと続くと思います。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    クライアントと良い関係を出来るだけ多く作ることが大切でしたが、それと同じぐらい、同業者や相談できる仲間とも関係を築くことが大事だと思いました。困った時に相談できる同じ立場の相手だと、助けてくれたり分からないことを相談出来たり、クライアントを紹介してもらえたり、仕事をお互いに助け合うこともできます。自分にあまりプラスにならないことでも、困っていたら助けてあげることは大事です。起業前にできるだけそういう関係がある方が、後々自分にとって良い事に繋がります。技術系の仕事なら、起業前にできるだけの知識や技術を習得しておくことが大事です。起業すると自分の技術を磨く時間もなくなりますし、会社で得られた情報もなくなりますので。

    起業を検討している方へのアドバイス

    一番大事なのは、準備を充分にすることです。技術や知識も大事ですが、同じぐらい人間関係は大事です。人間関係をないがしろにすると、最初仕事があっても、数年後に必ず仕事は無くなります。仕事はクライアントがあってこその収益なので、仕事をもらえるか、もらえないかは最終的には人柄だと思います。関係を持続する能力、新しい関係を築く能力に長けている人が起業してもうまくいくと思います。技術や知識を得る量も、起業してしまうと必ず減ります。起業する前に、できるだけ知識・技術を得て、起業してからも切磋琢磨できる同業者との関係を築き上げることが大事だと思います。あと、会社から独立するなら、その会社とは同業者になるわけですから、その会社とも良い関係を築くことが大事です。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他情報サービス業
    起業した会社の所在地:東京都

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:300万円
    起業時の資金のうち自己資金:500万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:18ヶ月
    事業歴:3年
    1期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字
    2期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字
    3期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    海外から帰国後の起業で、人脈が少なかったため、人間関係の重要性を痛感しました。海外からの仕入れは信用できるところから仕入れてても担当者が代わると取引が安定しないことがあり、足元を見られたり利用されそうになったりすることもありました。新規仕入れ先の開拓はそれもありかなり不安を抱えながら手探りで行ないましたが、殆ど運任せでした。取引先と言葉が通じても、書類をよく確認しないと契約内容は全然違うことが書いてあることがあり、サインしそうになったことが一番冷やっとした失敗だったかなと思います。特に、安く仕入れようとしている時に限ってそういう事態に遭遇しやすい気がしました。収益も最初はなかなか上がらず、周囲から大丈夫なのか、やめたほうがいいと厳しい言葉を言われたのは辛かったです。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    周到な前例の研究と人脈づくりだったと思います。コミュニケーション力がない私は、起業関係のセミナーとかで周囲の方とお話しできず、交流会とかにも参加したものの周囲の話を聞くのが精一杯で、もう少しコミュニケーション力を培って積極的に準備を進めるべきでした。起業する方々で情報交換もせず、海外での知識と経験で何とか…と楽観視していたため、日本帰国後の起業は孤独で長い道のりでした。日本語のビジネスマナーもすっかり忘れていて、やはり一匹狼でも良い起業という形でも最低限のマナーは知らないと恥ずかしい思いをすることもありましたので(名刺交換がフランクすぎてビックリされてしまったりとかあったので)、起業ばかりのセミナーではなく、ビジネスマナー講座などで研修も受けるべきだったかなと反省しております。

    起業を検討している方へのアドバイス

    下調べも大事ですが、ずっと慎重に石橋を叩き続けて何年も過ぎている方も多い気がします。実行力、行動力と運がモノを言う世界だと思うので、待ちの姿勢はビジネスチャンスを逃すことになることもありますので、ああでもないこうでもない、ではなく取り敢えず余り深く考えず起業してみる、もよいのではないかと思います。失敗を恐れていては起業できないし、それが嫌なら組織にお勤めされることが一番です。私は組織に馴染めなかったため起業したことは良かったと思いました。御自身の可能性を否定せず、起業に関心を持ったら即行動で貪欲なくらい情報を集め、人脈を作ることが大切かと思います。失敗は必ずあるので、前に突き進む勢いが必要かと思います。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他金融業
    起業した会社の所在地:東京都

    起業時データ

    起業時の社員数:2人
    起業時の資金:100万円
    起業時の資金のうち自己資金:100万円
    起業資金の資金調達方法:親や兄弟、親戚からの借入

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:24ヶ月
    事業歴:6年
    1期目の経常利益:100万円~200万円未満の赤字
    2期目の経常利益:300万円~500万円未満の赤字
    3期目の経常利益:500万円~1000万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    顧客開拓(獲得)金融の仕事をしており、元居た金融機関から顧客情報などを持ってくることも不可能な中、どのように新規開拓、顧客獲得を行うか、ツメが甘かったと猛省しています。設立当初だからこそできる、泥臭い営業、捨て身の(?)どぶ板営業、、、この辺りをもっともっと真剣に考えるべきと思っています。つまり、創業から数年たって、我を忘れた捨て身の営業では「あの会社大丈夫?」となり、逆効果ですが、創業当初であれば「頑張っているな」という評価になり、顧客の視線もポジティブであり、サポートも期待できるでしょう。実績がない中で、営業することが難しいと実感しましたが、創業当初は「想い・夢」を武器に、とにかく数を打つこと。そこから見えてくるビジネスの問題点や、強調するべき良い点も見えてくるはずなので、とにかくたくさん失敗し苦労するべきとも思います。その点、苦労や失敗が足りなかったとも感じています。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    資金調達手段の確保。融資枠の拡充。余裕資金の確保。お金ばかりですが、やはりこれは準備しても、し足りないことかもしれません。あればあるだけ良いのですが、実際の預貯金だけでなく。起業したビジネスが低空飛行している間も、別のルートで収入・収益が確保できるような「複数の稼ぎ口」は確保しておきたいところです。不動産収入でも、アフェリエイト収入、メルマガ収入、なんでもよいのですが、ある程度軌道に乗っており、それだけになっても自身の生活は賄えるような仕組みがあると、精神的にも安心して起業しその後のビジネスが遂行できると思います。そういった中でも、万が一、一時的に資金ショートした際にも、融通できるような、個人での借入枠なども確保しておきたいところ。起業前がサラリーマンであれば、その際に信用をフルに活用し、手段を講じておくことも必要かもしれません。また、サラリーマンの場合、就業補償などの保険についてあまり考えることはないと思うのですが、起業した場合には自己責任でやらなくてはならないので、入れるうち(若いうち)に準備できるものはしておくのも一つです。

    起業を検討している方へのアドバイス

    できるだけ、税金や各種申告、法的な手続きなど、専門家に任せられるものはそのインフラと報酬を支払うだけの資金を確保し、アウトソースするべき。そのうえで、自身は起業した仕事に専念するべき。特に今は、弁護士費用なども(いい意味で)価格競争が出てきているし、HPや通信、オフィスなどのセットアップに関しても、クオリティは向上しながらも選択肢が増え、価格も適正な水準に収れんしています。小さく初めて大きく育てる、こういったスタートアップが可能な環境を最大限利用するべきと思います。また、適切な人材を入れ、奇数人数で創業するのも一考です。反対意見や様々な意見をぶつけベストプラクティスが出来上がりやすいと思っています。私は、2人で設立し現在もその体制ですが、もう1人誰かいたらいいのにな、としばしば思います。2人だと、意見が対立して終わってしまうこともあるのですが、奇数いることで、一定の落としどころを見つけようと行動できるのではないかと考えるからです。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:その他情報サービス業
    起業した会社の所在地:東京都

    起業時データ

    起業時の社員数:6人
    起業時の資金:300万円
    起業時の資金のうち自己資金:50万円
    起業資金の資金調達方法:他企業からの出資

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:12ヶ月
    事業歴:1年
    1期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字
    2期目の経常利益:300万円~500万円未満の黒字
    3期目の経常利益:500万円~1000万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    人材の教育・管理に最も苦労しました。営業が中心の会社であったのですが、営業担当者は私も含めそれぞれ別の企業で営業をやっていたこともあり手法が異なりました。後続で入社してくる社員に対して教育するにあたっても教育の体制が整っておらず、教育する者によって全く違うものとなってしまっていました。マニュアルなども用意できていなかったので、「あの人にはこう言われたけど、この人はこう言っている」といった状態になってしまっており、入社したばかりの社員が直ぐに来なくなってしまうことが頻発していました。また、管理の面についても「数字さえ上がっていれば良い」という考えが強かったので、営業担当者たちの日々の活動がそれぞれ不明瞭でした。明確にルールを作ることの必要性を感じてはいましたが、複数人で起業したのですがそれぞれの立場はフラットであることとしていたので意見の対立も頻繁に起きていました。私自身も収益が安定してきた1年程で抜けていますが、そうした組織作りの考え方というものが全く足りていなかったんだと思います。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    確実に収益を上げられる基盤をあらかじめ作っておくことです。当時、私が起業した際に手を出した市場は高騰していたこともあり、便乗する形で参入していきました。一緒に起業した仲間の中に、その市場で働いていた経験の者もいたのでその経験をもとに戦略やターゲットを定めていきました。スタート当初はそれだけでもそこそこの収益を上げることができていたのですが、常に新規に向けて活動し続けなければならず数ヵ月で疲弊してしまいました。しかし活動をしなければ収益がなくなってしまうので辛くても動かなければなりませんし、その活動自体も確実性がないものです。収益の見込みが不明瞭な中、手探りで働いていくのはとても不安で不安定なのでもっと準備をしてから起業すれば良かったと後悔しました。

    起業を検討している方へのアドバイス

    企業を一緒に盛り上げていくための仲間を集めるためにも企業理念や方針などについては明確にしておく必要があると私は感じました。大手であれば会社方針に賛同していなくとも「給与が高いから」という理由で働く人も数多くいらっしゃるかと思います(私も一部上場起業で働いている時はそうでした)。ですが起業したばかりの会社は人数も少ないので、与えられた仕事以外にも能動的に動ける人を必要としています。能動的に動くためには会社方針に賛同し理解をしていなければどう動いて良いのか分からず、見当違いの方向に動いてしまうこともあります。就職活動や転職活動をしたことがある人は様々な会社の企業理念を目にしたことがあると思います。ありきたりな言葉を並べている企業もありますし、企業理念についての説明をきちんとしている企業もあります。前者のように企業理念(方針)は飾りのように軽視してしまいがちですが、人材を集めるにあたって重要であると私は感じましたのでこれから起業をしようとしている人はきちんと考えてブレない企業理念を作ることをオススメします。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:広告業・広告制作業
    起業した会社の所在地:広島県

    起業時データ

    起業時の社員数:1人
    起業時の資金:100万円
    起業時の資金のうち自己資金:100万円
    起業資金の資金調達方法:自己資金

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:3ヶ月
    事業歴:7年
    1期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字
    2期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字
    3期目の経常利益:200万円~300万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    デザイン業でしたが、クライアントがゼロだったのに見切り発車して起業したため、とてもたいへんでした。また、たった1人での起業だったので、初めて営業から制作、経理まで一人したのでそのこともたいへんでした。毎月が自転車操業でした。起業前は、とても信頼している人と一緒に起業をする約束をし、夢を持ってのスタートでした。しかし、自分もですが、相手の起業をするのだという認識が甘く、お金に対する価値観が合わず数カ月でお別れするという結果になっていまいました。事業のパートナーがいる場合は、そのへんのすり合わせも包み隠さずきちんとしておく方がいいです。具体的にどれだけの仕事をしたらどれだけの利益があがって事業を継続できるのか、という目途をしっかりつけて起業するべきです。税金のこともしっかり意識していったほうがいいです。税金を意識していないと、へんに自分で「これ以上稼がない方がいい」というメンタルブロックのようなものまで作ってしまいます。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    わたしの場合、資金集めや業界の繋がりもないままにスタートしてしまったので、本当にたいへんでした。クライアントとの繋がりを作って起業することが大事ですが、いっしょに仕事をしてくれるブレーンさんとの繋がりも非常に大切になってきます。縦のつながり、横のつながり、両方の信頼関係を起業前に作っておく必要があります。ないままで起業すると飛び込み営業で仕事を取りにいくはめになります。それもまた良しですが・・・。そうやって四苦八苦しながらも新規で営業をかけて単発で仕事をくれるとこもありましたが、次の段階でレギュラーで仕事を下さるところを2~3本作ると、だんだん順調にまわってきます。大きいクライアントは万が一のリスクも考えて、一本ではなく分散化させておく方がいいです。

    起業を検討している方へのアドバイス

    業界の相場を調べて、会社の仕事の価格表をしっかり作っておいたほうがいいです。値切られる前に自ら相場を外れた低い価格設定をして、わざわざ業界の価格破壊までしていってる人たちがいます。そういう人たちにひっぱられて自分の価値を下げない方がいいです。ぼったくれとは決していいません。良心的で相場に合った価格づくりをして、それに見合った価値を提供していった方がいいです。また事業をする上で人とのつながりは作っておいた方がいいのは言うまでもありませんが、飲み仲間みたいな、なぁなぁな関係はおすすめできません。そういう食事や飲みでおごってもらったりしてるうちに相手に悪気がなくても足元を見られやすくなります。基本、飲みの場ではなくきちんとミーティングの場を設けてくれる人と仕事をしていった方がいいです。そして、双方に利益を生み出していくのだという意識がきちんとある人や会社と仕事をしていった方がいいです。

  • 起業経験者の属性データ

    職種:卸売・小売業(繊維・衣服・織物・身の回り品等)
    起業した会社の所在地:福島県

    起業時データ

    起業時の社員数:3人
    起業時の資金:100万円
    起業時の資金のうち自己資金:60万円
    起業資金の資金調達方法:親や兄弟、親戚からの借入

    起業後の経営データ

    損益分岐までにかかった期間:36ヶ月
    事業歴:5年
    1期目の経常利益:~50万円未満の赤字
    2期目の経常利益:~50万円未満の赤字
    3期目の経常利益:~50万円未満の黒字

    起業してから最も苦労した点・一番大きな失敗

    起業してから最も苦労した点は、資金繰りです。最初のころは、そんなに知識もなく勢いで起業してしまったので仕入れ資金をつぎ込んでもなかなか売れず在庫だけがたまっていく一方でした。そのうち仕入れ資金が底をついてしまい、親、親戚から仕入れ資金を工面してもらうまでになりました。なんとかそこから立て直すことができましたが、今も変わらなかったらと思うとゾッとします。一番大きな失敗は、ちゃんとした知識もなく起業したことだと思います。起業する前にきちんと勉強しておけば仕入れ資金が底をつくような苦労もなかったと思います。ただ、実際やってみなくてはわからない点も多かったです。それに痛い失敗があったからこそ今こうしてやってられるのも事実です。

    起業前にしておけば良かったと思うこと

    起業前にしていけば良かったと思うことは、よく勉強しておけばよかったということです。私自身、ほとんど知識もなく、勢いで起業してしまったため、最初から躓き失敗する形になりました。あと、最初は起業するジャンルが曖昧だったので統一したジャンル一本でやればよかったと思いました。そのせいで何を売ってる店かわからず、それも売上減少の要因だったのかもしれません。資金調達のことも最初から考えておくべきでした。まさか仕入れ資金が底をつくとは夢にも思わなかったので考えが甘かったと思います。あと、売上・経常を管理できる人は必ず必要ということです。私の場合、経営のほとんどを一人で行ってきたので決算近くになってバタバタしてしまい、税理士にお願いする形となり、費用がかかることになりました。

    起業を検討している方へのアドバイス

    起業を検討している方は、起業の大変さは想像以上だということを肝に銘じておいてください。私自身、会社で雇われる生き方が嫌になり、勢いで起業しました。確かに人から使われずに自分でなんでも決めてやっていける分、自由です。ただ、その分すべてにおいて責任が自分に課されるわけですからその点では雇われて働いている方が楽だと感じます。そういった点では、雇われる側も雇う側も大変だということです。あと、起業するのなら明確な目標とある程度の知識をもってから起業してください。目標を持たずにいるとダラダラとただ仕事するだけで結果がでません。もし、目標を達成できたら、さらに高い目標を掲げるといいでしょう。ある程度の知識があれば、多少の困難も乗り越えることは可能です。それ以外は、経験がものをいうので頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です